機械で自動化できない、
手仕事と心意気を感じてください。

秋田・函館に拠点を置くアーテスの自社工場では、Tシャツ、コート、ジャケットなどカットソー製品を中心に、お客様のニーズに合わせた多種多様なアイテムを生産。若手からベテランまでのスタッフが幅広く在籍し、世代間の技術継承やノウハウの共有・蓄積を通じて永続的なレベルアップを図っています。また、本社とオンラインシステムで連携し、生産進行や在庫状況を一元管理。自社生産ならではのきめ細かな納期管理によって、工場からの各店配送やプロモーション用の先納品などにもジャスト・イン・タイムで対応します。

Our Manufacturing

売り場の変化に対応する
生産スタイル

時代やトレンドに応じて市場が求めるモノは刻一刻と変化するため、お客様のニーズに応えるにはどんなアイテムにも対応できる体制が必要です。そのために採用しているのが立ちミシン方式。スタッフ一人が複数の工程を受け持ち、同時に多数のアイテムを形にしていくことで作業スピードと生産性を高めています。

サンプル製作専門の
スタッフを配置

サンプル製作と本生産を一つの施設で完結できるのも、自社工場ならではの強みです。サンプル製作の経験と知識に秀でた専門のスタッフを配置し、生地特性の確認や縫糸の選定、量産性の見極めなどを行なった上で本生産をスタート。試作段階から本生産を見据えた入念な検証をすることで、お客様のイメージに忠実なモノづくりが可能になります。

他にはない独自のモノづくりが、私たちの自慢です。

「大曲の花火」で知られる大仙市にあるアーテス秋田は1974年の操業以来、地域に根差し、地域産業の担い手として発展を遂げてきました。秋田ならではの真面目さや勤勉性、協調性を活かした丁寧な仕事が自慢です。アイテムに合わせてミシンを改造したり、冬には乾燥から生地を守るために自家製の加湿装置を開発するなど、独自性の高い生産環境はお客様から高い評価をいただいています。また、生産工程での検針や検品、B品を出さないための事前チェックなども常日頃から徹底しています。

アーテス秋田 統括部長
大友 敏雄

世界を驚かす洋服を、
この函館から届けたい。

国際貿易港として栄えてきた港町・函館の中心地に位置するアーテス函館は、感性豊かなモノづくりを行う都市型工場を目指して1991年に竣工しました。歴史と異国情緒が息づくこの街から、世界を驚かすような洋服を。スタッフ一人ひとりがその想いを胸に、ミシン縫製にとどまらない付加価値の高い手仕事に取り組んでいます。例えば、ネームをハンドステッチで一針ずつ丁寧に縫い上げたり、ダメージ加工で独特の風合いを施すなど、少しでもお客様の求めるイメージに近づけることが私たちのやりがいの源になっています。

アーテス函館 常務取締役
小野 道成